お弁当と給食

お昼は毎日のことですので、幼稚園の選び方からは外せません。
お弁当のみ、給食のみ、給食とお弁当の交代制と、幼稚園によって様々です。

毎日、お弁当が必要な幼稚園は、全体の三割程度。
最近では、給食を取り入れる幼稚園が増えています。
これには、給食を希望する親が多くなっている背景があります。

ただし、お弁当と給食、どちらにも長所と短所があります。
長所と短所を比べ、幼稚園の選び方の参考にしましょう。

お弁当は毎朝作らなくてはならないので、お母さんは大変です。
食べ残さないようにと、子どもが好きな食べ物ばかりに偏ってしまうこともあります。

しかし、どれだけ子どもがお弁当を食べたかを確認することができます。
かわいらしい飾り付けをしたり、嫌いなものを残さずに食べられた時など、お弁当を通して、子どもとコミュニケーションも取れます。
どんなお弁当かと、お昼を楽しみにする子どもも多いようです。

給食は、仕事をされているお母さんは、特に助かりますね。
お友達と同じご飯を食べるので、嫌いな食べ物にも挑戦しようとする子どもが多いようです。
一緒にお片付けもするので、助け合いの気持ちも育ちやすいでしょう。

幼稚園によっては、園内に調理場を設けずに、外注の給食に依頼している場合もあります。
そのため。バランスの良いメニューの給食の幼稚園もあれば、揚げ物が多くなってしまう場合もあるようです。
子どもに食べ物のアレルギーがある場合は、アレルギー対応の給食があるか、幼稚園に問い合わせてみましょう。

Copyright (C) 2011-2014 kitayume.sakura.ne.jp(キタユメ サクラ エヌ イー ジェイピー) All Rights Reserved.