認可と無認可

幼稚園には、「無認可幼稚園」というものがありますが、あまり知られていません。
幼稚園を選ぶとき、認可されているのか無認可かどうかも、選び方のポイントにしたいですね。

では、認可幼稚園と無認可幼稚園とでは、どこが違うのでしょうか?
幼稚園は、学校教育法に基づいた教育施設です。
保育園は厚生労働省の管轄ですが、幼稚園は小中学校と同じ文部科学省の管轄になります。

1クラス35人以下で3クラス以上あること、1日の保育時間が4時間程度、授業料は幼稚園が独自に決めて良いといった基準を満たした上で、自治体から認可を得られると「認可幼稚園」になります。

無認可保育園はこれら基準を満たしていないから、良くないのではないかと思いがちですが、中にはあえて認可を受けない幼稚園もあります。
認可の枠にとらわれず、独自の教育メニューを行いたい幼稚園などがそうです。

少人数で充実した保育を行いたいために、認可を受けないといった教育観を持っている幼稚園もあるので、その幼稚園の内情をよく見ないで無認可だからダメ、というような選び方をするのはやめたほうがいいでしょう。
また、無認可の場合、国からの助成金が出ないので、授業料が割高な場合もあります。
大切なお子様の幼稚園選びですから、無認可幼稚園でも積極的に見学させてもらったり、疑問に思ったことは質問したりして、幼稚園の選び方を間違えないようにしたいものです。

Copyright (C) 2011-2014 kitayume.sakura.ne.jp(キタユメ サクラ エヌ イー ジェイピー) All Rights Reserved.