年数で考える

幼い時期の1年というのは、大人の1年とは時間の流れ方が違います。
とてもゆっくりと過ぎるものなので、幼稚園の選び方としては、年数の比較もしましょう。

幼稚園には、公立と私立があります。
保育年数は1年から3年ですが、多くの方が2年か3年のどちらかで迷うようです。

費用はもちろん、3年の方が多くかかってきます。
最近では、ご両親の仕事の関係や兄弟などの関係で、3年保育を選ばれる方が増えて来ています。

幼稚園は満3歳から入園できますが、必ず入園させなければいけないのではありません。
兄弟の関係やご両親の仕事の都合もあります。精神や身体の状態も、幼稚園の選び方に関わってきます。

幼稚園の選び方で3年保育は、3歳の頃から社会性や協調性を身につけさせたい、という考えの方に良いでしょう。
早くから集団の中で生活することで、多くの刺激を受けます。
同じ年頃の子どもと出会って、家族以外の世界が広がるという長所があります。

兄弟がいて、思うように遊ばせられない場合も、3年保育が良いかもしれません。
上の子どもは幼稚園で友達と会うことが出来ますし、下の子どもは母親とゆっくり過ごすことが出来ます。
兄弟がいない場合でも、母親が家事や休憩することが出来るので、リフレッシュにもなります。

2年保育ですと、1年間を自宅で過ごすことになります。
親から離れるのを嫌がる子どもや、自宅で一緒に過ごしたい場合に良いでしょう。
1年間かけて幼稚園がどんな所か、教えてあげる準備期間にもなります。

幼稚園の選び方として、年数というのは避けて通ることが出来ません。
子どもの性格や状態をみて考えるといいでしょう。

Copyright (C) 2011-2014 kitayume.sakura.ne.jp(キタユメ サクラ エヌ イー ジェイピー) All Rights Reserved.