規模で考える

近所にある幼稚園の規模をご存知ですか?
規模の大小も幼稚園の選び方の一つです。

大小どちらの幼稚園にも、長所と短所があります。

大きな幼稚園は、クラスが多く全体の人数も多いです。
クラス分けがされるので、クラスメイトといった仲間の意識や、団結力が芽生えやすいようです。

また、集団生活には慣れやすい環境にもあります。
けれど、先生も多くの子どもたちを見ることになるので、注意が行き渡らないことがあるかも知れません。

反対に、小さな幼稚園は、クラスが一クラスずつであったりします。
子どもの数が少ないので、先生との距離が近く注意が行き渡りやすい傾向にあります。
クラスメイト全員の顔と名前を覚える子どもも多いです。

次に、保護者の対場からも比較してみましょう。

大きな幼稚園は保護者の数も多いので、委員や係りなどを担当することは少ないでしょう。
保護者の仕事量も少なくなります。
しかし、子どもの数も保護者の数も多いので、名前と顔を覚えるのに苦労するかも知れません。

小さな幼稚園は、大きな幼稚園と比べると、やはり委員や係りなどの担当は多くなりますね。
また、他の子どもや保護者、担任や園長先生と話す機会も多いようです。

幼稚園の選び方として、規模による長所と短所をあげてみました。
こうして比較してみると分かりやすいですね。

幼稚園の選び方で、どちらが良いと言い切ることは出来ません。
ご両親の方針や環境によって違ってきます。
どのような規模が良いのか、一度は話し合ってみましょう。

Copyright (C) 2011-2014 kitayume.sakura.ne.jp(キタユメ サクラ エヌ イー ジェイピー) All Rights Reserved.